おすすめのオリジナルTシャツのカラーとデザイン

学校のクラスだったり大学や社会人のサークルでお揃いのユニフォームを作りたい時、オリジナルTシャツは手軽で便利です。あまりお金をかけずに作れますし、色やデザインも自由な内容に出来ます。あまりお金がかからないということは、1年に一度のタイミングで新たなものを更新したり汚れたり洗濯する為に何枚か予備を作っておくこともしやすいです。しかし肝となるのはカラーとデザインです。これによって印象が大きく変わりますので、センスを必要とされます。でもプロにお願いすると高くついてしまいますし、ちょうどセンスの良い人がチームの中にいるとも限りません。そこで誰でも失敗なくTシャツを作れるように、お洒落にセンス良く見せるコツとして使えるポイントをいくつかご紹介します。

オリジナルTシャツのおすすめカラー

カラーは大きく本体と文字やイラストに分かれます。特に背景となる本体の色が全体の印象を占めますので、選ぶ際には気をつけたいところです。シンプルにしたい場合には濃い色がおすすめです。黒や濃紺などは誰でも似合いやすくどんなボトムスにも組み合わせて着られるので迷った時に便利です。また文字を淡い色にすればバランスも取れてうまくいきやすいです。目立たせたい場合には黄色や赤が良いでしょう。暖色系の色はお揃いで着ると明るい雰囲気になり一体感が出ます。目立つと他のチームとの差別化も出来てお揃いで着る意味合いも高まるはずです。デニムなどに合わせやすい色合いで可愛くなり過ぎないため、男女共に人気があります。白い文字などをアクセントにすると爽やかな雰囲気になります。

オリジナルTシャツのおすすめデザイン

デザインの入れ方ですが、イラストや文字を前面の中央に入れるのが一般的ですがその他に工夫をする事でワンポイントの工夫となります。例えば腕の所にロゴを入れたり、背中のタグ裏辺りにイラストを入れたりしてデザインを追加するとお洒落になりやすいです。またあえて前面の中央には何も入れず、斜め下や斜め上など少しアシンメトリーになるようにイラストなどを入れ込むと凝ったデザインに見えやすいです。小さなイラストやロゴはそのように少し変化球で楽しむと素敵な仕上がりになります。イラストやロゴですが、あまりごちゃごちゃとしないようにするには、色味を統一すると良いです。同じ色で揃えるとつまらない印象になってしまう場合には同系色でグラデーションを付けたりしてはいかがでしょうか。