家でもオリジナルTシャツはこのように作れます

オリジナルTシャツを作ろうと思うと、業者に依頼するしかないから高くなるので諦める方も少なくありません。実は自分で道具を揃えて手作りを自宅で制作を楽しむことができるので、家族や友人たちと少量枚数だけでも十分という時にはお手頃価格でできるので挑戦してみましょう。ディスカウントショップで手に入るリーズナブルなアイテムを使ったり、パソコンやプリンターがあればそれらを駆使して制作を進めることができます。やってみると作業自体も簡単なので、大人も子供も楽しむことができます。自分でやってみてやっぱり物足りないと思うのであれば、その時に業者に依頼して本格的なTシャツを制作していきましょう。プロならではの市販品のようなオリジナルの一枚を作ることができます。

手軽に作業したい時に嬉しい方法

オリジナルTシャツの制作をする時に、なるべく安く仕上げたいと思うのであれば、ディスカウントショップでも手に入るステンシルに挑戦してみましょう。ステンシルは文字やイラストを切り抜き、Tシャツ生地にあてて専用絵具や布用インクを使って柄を表現していきます。作業で複雑なのは、文字やイラストをシートに書き込み、それをカッティングすることです。はさみよりはカッターの方が細かな作業に対応できますし、切り抜くときに机などを傷つけないようにカッティングマストもあると便利です。どちらかと言うと直線や線の数は少ない方が作業も楽にできますし、綺麗に仕上がります。布インクも複数揃えておくと、グラデーションなどの表現もできるので、自分なりに工夫してセンスのある一枚を作り上げましょう。

手軽さ重視の時に試したい方法です

パソコンやプリンターを持っているのであれば、オリジナルTシャツをアイロンプリントで制作してみましょう。切り抜き作業などはなく、アイロンプリント用の熱転写シートにイラストや文字、写真をパソコンでデザインをし、プリンターで印刷したら、アイロンをかけて転写すれば出来上がります。耐久性も向上していますので、洗濯をしても長持ちするものが増えました。シートに印刷をするので、細かい線や複雑な色の変化にも対応できます。切り抜きをする必要もないので、アイロンを使う時にやけどをしたりしないように気を付けて作業をすれば良いので簡単です。シートの大きさの許す限り印刷範囲も大きくすることもできれば、ちょっとした小さな文字やマークを入れたりすることも容易なので誰でも手軽にTシャツ作りができます。