トップ » 賃貸で楽器を演奏するなら
金太郎
安産•成長祈願ブログパーツ

賃貸で楽器を演奏する

集合住宅で演奏するときに気になるのが騒音問題です。賃貸では防音を強化するなどといったリフォームも行えないので、注意が必要です。楽器によっても音が上に響いたり下に響いたりと、いろいろだそうです。いろいろな楽器を演奏していた人によると、ピアノは下の階から苦情がきてサックスは上の階から苦情がきたそうです。防音ルームが専門店に売ってあるのでそれを室内に設置するのもいいですが、それ以外にも音が響かないように工夫する必要があると思います。音というのはどんなに耳をふさいでもいくらかは聞こえてしまうものですし、賃貸を選ぶ際には慎重にならなければならないと思います。

楽器持ち込み許可付物件

賃貸物件を借りる際に、楽器を演奏したいと考えている方は契約条件をしっかり確認して大丈夫な物件を借りないと後々になってトラブルの原因になりますので注意してください。本人にとってはこのくらいなら大丈夫だと思っていても音は自分で思う以上に響いています。騒音問題は戸建て住宅ですら重篤な問題となって様々な事件すら引き起こしている微妙な問題です。楽器をOKとする賃貸物件も音に気をつけて建築されているものもあり、どうしても家賃が高めになってしまうのが難点ですが、ご近所トラブルに巻き込まれて嫌な思いをすることを考えるとトラブル回避のために仕方のない出費なのかも知れません。