トップ » 賃貸家賃の支払うときは
金太郎
安産•成長祈願ブログパーツ

賃貸で物件を借りた時に

賃貸物件を借りると、敷金、礼金の上に前家賃が必要です。地域によっては敷金や礼金という言い方はせずに保証金、と言ったり、敷金よりも礼金を多く支払わなければならないシステムになっています。ですが、前家賃についてのシステムは基本的に全国共通です。基本的に賃貸料は前払いのシステムなので、3月に契約、4月頭を入居日としたら、3月の契約時に4月分の家賃を支払います。また、4月には5月分として翌月分の家賃を払う事になります。入居タイミングにより2ヶ月分を一気に支払う場合がありますので、悩む制度ですが、1ヶ月分フリーレントという物件も増えてきましたので、契約時にしっかり確認して下さい。

賃貸は全国的にも前家賃が基本

賃貸契約時には日割家賃と前家賃を支払うことがほとんどです。日割家賃は契約日から当月月末までの家賃になっています。そして、前家賃は次月から1ヶ月分の家賃になります。ということは毎月月末に支払うことになる家賃は次の月の家賃だということになっています。賃貸ではこうした慣習がありますので、退去するときにはその月の家賃が返金されることがあります。もし月末に退去することになったら、差額はゼロということになりますので、返金などの計算は必要なくなるというわけです。忘れやすい事項ですので、頭の中に入れておくとよいでしょう。